更なる高品質と新技術に挑戦するチェーンの総合メーカー

選定計算

チェーン選定計算式

  1. 中心距離及びチェーン長さの計算

    1. チェーンの長さが分かっていて中心距離(軸間距離)を求めるには
      \(C=\cfrac{p}{8}\left(\left(2Lp-z_1-z_2\right)+\sqrt{\left(2Lp-z_1-z_2\right)^2-0.81\left(z_1-z_2\right)^2}\right)\hspace{6pt}\)

    2. 中心距離が分かっているチェーンの長さを求めるには
      \(Lp=\cfrac{2C}{p}+\cfrac{z_1+z_2}{2}+\cfrac{P\left(\cfrac{z_1-z_2}{2\pi}\right)^2}{C}\)

      C=中心距離
      Lp=リンク数
      p=チェーンのピッチ(mm)
      z1=大スプロケットの歯数
      z2=小スプロケットの歯数
    求められたLpの値の端数(小数点以下)は、たとえ僅かでも切り上げて1リンクに数えます。
    奇数リンクの場合には、オフセットリンクを使用しなければなりませんが、なるべくスプロケットの歯数もしくは中心距離(軸間距離)を変えてできるだけ偶数リンクになるようにして下さい。
    両式で求められる値は何れも近似値ですが、この誤差は完全に組まれたチェーンの長さにおける公差より小さいので差し支えない値となります。

  2. チェーン速度の計算
    チェーン速度は次の公式によって求められます。
    \(V=\cfrac{p \times z\times n}{1000} \hspace{6pt}\mbox{(m/min)}\)

    V=チェーンの速度(m/min)
    p=チェーンのピッチ(mm)
    z=スプロケット歯数
    n=スプロケット毎分回転数(rpm)

  3. チェーンにかかる作用張力の計算
    チェーンにかかる作用張力は次の公式によって求められます。
    \(Lw=\cfrac{4500 \times P_H}{V}\hspace{6pt}\mbox{(kgf)}\\Lw=\cfrac{6120 \times P_W}{V}\hspace{6pt}\mbox{(kgf)}\)

    Lw=チェーンにかかる作用張力(kgf)
    V=チェーンの速度(m/min)
    PH=動力(PS)
    PW=動力(kW)

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress