更なる高品質と新技術に挑戦するチェーンの総合メーカー

コンベヤチェーンにかかる張力計算

チェーンにかかる張力計算はコンベヤチェーンが運行中に起こりうる最大張力を計算しなければなりません。
ここでは代表的な場合についての張力計算式を示します。
以下の計算式によってチェーン張力の近似値を計算することができます。
T=チェーンに掛かる最大張力(kgf)
Q=起こりうる最大輸送量(t/h)
S=輸送(m/min)
V=垂直鎖車中心距離(m)
H=水平鎖車中心距離(m)
C=鎖車中心距離(m)
W=運行部の重量(kgf/m)
※チェーン、バケット、エプロンなどを含む
f1=チェーンとガイドレールとの摩擦係数
f2=輸送物と底板、側板との摩擦係数
f3=輸送物による係数(kgf/m3)
h=輸送物がトラフや側板を滑って輸送される場合の高さ(m)
n=駆動部の伝導機械効率
HP=所要馬力

f1の値
ローラ径
D(mm)
グリース給油
f1
給油なし
f1
D<500.150.20
50<=D<650.140.19
65<=D<750.130.18
75<=D<1000.120.17
100<=D0.110.16
f2の値
輸送物f2
石灰0.30 - 0.60
コークス0.35 - 0.70
ぬれた灰0.55 - 0.65
乾燥した砂0.60 - 0.90
石灰石0.35 - 0.55
f3の値
輸送物f3
石灰80 - 150
コークス40 - 60
セメントクリンカー約200
砕石約200

  • 一般式
    \(T=16.7\cfrac{Q}{S}(V+f_2H)+W(V+f_1H)+1.1W(f_1H-V)+f_3h^2H\)
    \(但し\\(1)\hspace{12pt}(f_1H-V)>0\mbox{の場合はこの項を}0\mbox{とする。}\\(2)\hspace{12pt}f_3h^2H\mbox{の}h\mbox{が}150mm\mbox{以下の場合は、この項は省略することが可能とする。}\)
    \(HP=\cfrac{1.1}{4500}\times\cfrac{s}{n}\{T-W(V-f_1H)\}\\\mbox{但し}(V-f_1H)>0\mbox{の場合はこの項は}0\mbox{とする。}\)

  • 垂直輸送の式(例:バケットエレベータ等の場合)
    \(T=(16.7\cfrac{Q}{S}+W)C\\HP=\cfrac{1}{250}\times\cfrac{QC}{n}\)
    但し、バケットエレベータでは、ブーツで輸送物のすくい込みによる損失を見越して、実際の中心距離より下記の値を増して計算することとする。
    (a)連続式バケットエレベータ 1.5m
    (b)間隔式バケットエレベータ 3.0m

  • 水平輸送の式
    • ストラットコンベヤ、エプロンコンベヤのように輸送物を載せて輸送する場合
      \(T=(16.7\cfrac{Q}{S}+2.1WS)f_1C\\HP=\cfrac{1.1}{4500}\times\cfrac{1}{n}(16.7Q+2.1WS)f_1C\)
    • トラフコンベヤ、フライトコンベヤのように輸送物を掻いて輸送する場合
      \(T=(16.7\cfrac{Q}{S}+2.1WS)f_1C\\HP=\cfrac{1.1}{4500}\times\cfrac{1}{n}(16.7Qf_2+2.1WS)f_1C\)
      ind-cnv-tension_horizon
  • チェーンの大きさの決定
    チェーン速度と安全率
    チェーン速度
    (m/min)
    安全率
    20以下5 - 7
    306 - 9
    407 - 10
    508 - 13
    609 - 15
    7010 - 17
    コンベヤチェーンの大きさの決定は、前述の計算式から求めたチェーンの最大張力に、ある程度の安全率をかけて、強度的に所要チェーンを選定することができます。
    しかし強度の他にチェーンの摩耗、すなわち軸受荷重によってチェーンを選定することが適正です。
    強度安全率のみで単純にチェーンの決定することは危険ですが、チェーン選定の目安として利用することができますので、簡単に右記表に示します。
    この安全率はチェーンの平均引張強さに対する安全率です。なお安全率を求めるには概略次式により、最低安全率は右記表のように5~7として下さい。
    \(S=\cfrac{4V}{Z}\)

    S=安全率
    V=チェーン速度(m/min)
    Z=鎖車の歯数

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress