更なる高品質と新技術に挑戦するチェーンの総合メーカー

ローラチェーンの構造

ローラチェーンの構造
プレート外リンク内リンク
プレートは、磨耗を受けない引張部材であって、単に強度や疲労に対する抵抗のみを考えて造られています。
特に重荷重伝動用のローラチェーンでは、プレートの耐疲労性は重要な特性であって、その形状寸法、材質、熱処理については特別な考慮がはらわれています。
外リンクは、ピンが外プレートに圧入されており、そのピンは自由に屈曲出来る程度の遊隙をもって内リンクのブシュに遊合しています。
ローラチェーンの伝達能力は、このピンとブシュの間の軸受面積に支配され、またその耐久性は、この軸受面の材質と潤滑条件及び表面状態によります。
内リンクは、ブシュが内プレートに圧入され、そのシュの外周にローラが遊合状態ではめられています。
ブシュピンローラ
ブシュは、ピンとともにローラチェーンの軸受部をなしていますから耐磨耗性が高くなければなりません。ピンは、チェーンにかかる荷重を支えると共に、チェーン運転中ブシュと繰返し摺動により磨耗を生じます。
この磨耗量の集積がチェーンの伸びとなるのですが、伸び難いという事が一般にはチェーンの最重要特性であります。
よってピンは、最大の耐磨耗性と耐剪断性を持たせる様に特殊鋼に表面硬化熱処理を施してあります。
ローラは、スプロケットとのかみ合い時に衝撃を受けますから耐衝撃性を高める必要があります。
そのためそれぞれの役割に適した材料を用い、表面が磨耗に耐えると同時に適度な靱性に重きをおいて加工及び熱処理がなされています。

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress