更なる高品質と新技術に挑戦するチェーンの総合メーカー

取り扱いの注意

ローラチェーン・スプロケットの取扱い

取り付け・取り外しについて
危険
1.電源を必ず切って下さい。
チェーン・スプロケットを装置に取り付け、取り外し、給油する場合などの保守点検等を行うときはそれらの作業に入る前に必ず電源或いは他の動力源を切り不慮にスイッチが入らない様にして下さい。
2.吊り下げ装置に使用の場合は特に注意して下さい。
チェーンを吊り下げ装置に使用の場合は昇降物の下に絶対に人が入らない様にして下さい。
3.チェーンの再加工は大変危険です。
一部のチェーン部品を除き一般のチェーンの部品は熱処理されています。
それらを再加工することは絶対にしないで下さい。
a.熱処理されているチェーン・スプロケットの部品にメッキ等の表面処理は割れの原因となりますので絶対に行ってはいけません。
b.熱処理されているチェーン・スプロケット及びそれらの部品への溶接は絶対にしないで下さい。
割れる可能性もあり又熱影響で強度の低下が生じることがあります。
c.熱処理されているチェーン・スプロケット及びそれらの部品の焼きなましは絶対にしないで下さい。
4.取付け取り外し作業の際チェーンとスプロケット間に指等を絶対に入れないで下さい。
指等の切断事故となります。
警告
1.損耗・破損したチェーンの取替えの場合、部分交換を行わず全部を新品に交換して下さい。
2. チェーン・スプロケットの装置には危険防止具(安全カバー)を必ず取付けて下さい。
予期せぬ過負荷によってチェーンが破断したとき、かなりの力によってスプロケットからチェーンが投げ出されることがあります。
3.駆動するチェーン・スプロケットに干渉する障害物は常にチェックして必ず取り除いて下さい。
4.継手リンクのクリップ装着はチェーン進行方向と逆側に鋏み部が来る様にして下さい。
(正転、逆転使用の場合は、割ピン形の継ぎ手をお勧めします。)
5. 一度使用された継手リンクは破棄して下さい。
6.条数使用の場合は条数の内1本だけに集中荷重が掛からないようにバランスよく取り付けて下さい。
7.チェーン・スプロケットを洗浄するときは酸やアルカリ或いはガソリンや高揮発性溶剤は絶対に使用しないで下さい。
洗浄するときは、灯油に浸して洗浄し、その後充分に給油して使用してください。
但し、Oリングチェーンの場合、灯油でOリング(シール)が劣化する場合がありますので、灯油は使用せず、専用の洗浄液を使用して下さい。
また、ワイヤーブラシはOリング(シール)を傷つけますので使用しないで下さい。
注意
1.作業に適した服装・適切な保護具(安全メガネ・安全靴等)を常に着用して下さい。
実際に作業を行う人及び近接区域にいる人に始動合図を定めるなどして安全確認をして下さい。
2.チェーンの交換時にはスプロケットも交換して下さい。
磨耗してスプロケットを使用するとチェーン寿命を縮めます。
3.チェーン切り継ぎは、専用装置・治具を使用し必ず継手部分で行って下さい。
継手なしエンドレスチェーンはお求めの販売店に依頼して下さい。
4.チェーンの弛み量はカタログを参照して下さい。
少ないと磨耗を早め騒音の原因となり、大きいとチェーン振れ、歯飛びの原因になります。
5.スプロケット間のアライメントに注意して下さい。
チェーン磨耗を早め、騒音の原因になります。
6.給油は定期的に行って下さい。給油を怠るとチェーン寿命が極端に短くなります。
7.組立て取付後動力を入れる前に
a.継手部分が正確に充分結合されているか、結合部に異常がないか
b.スプロケットの歯に正確にチェーンが噛み合っているか
c.周辺に干渉したり飛散したりするものが置いていないか
d.有害な傷・錆がないか、また損耗がないか
e.弛み量が適正か
f.給油が適正か
g.両軸の水平・平行が適正か
h.スプロケットの芯ずれが適正か
上記等を確認し異常な音がしたときは即座にスイッチを切ってください。
そして再度、安全確認を行ってから稼動して下さい。
8.危険回避の装置
緊急停止装置を取り付けて下さい。
予期せぬ過負荷による受傷を避けるため、負荷制御装置やブレーキなどの緊急停止装置を取り付けて下さい。
9.チェーンの保管については砂、泥、埃、水等を付着させない様取扱いに注意して下さい。
10.乱暴な取扱いはしないで下さい。
チェーンに捩れの発生、又は傷の原因となります。

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress